#70 無題
分かったような口利いてるなと、少しだけ嫌気が差して、口を窄めて長く息を吐き出す。吐き出された息の跡を眺める。一瞬、ふつ、と膨らんだ後、塵様に砕けて消えた。
2009-08-11